蟹について

地方により様々で、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。それとは対照的に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、バランスのとれた味噌と内子と外子が魅力的で、むしろ、蟹の美味しい季節が今年もやってきました。蟹通販をお得に利用しようと思えば、丸ごと購入するのが一番いいでしょう。甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などが一般に安価だと言われていますが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によっては安く購入できることがあるのが蟹通販です。それに、蟹を美味しく食べようと思えば丸ごと一杯の蟹を茹でて食すのが一番いいでしょう。濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。

各地から産地直送で美味しい蟹を届けてもらえます。ですが、広まってきたということはそれだけ多くの業者が参入しており、それぞれに値段や利用条件が大きく違っていることもあるので、どの業者から蟹を買うかという点は、慎重に考える必要があります。念入りに探せば、一番安いのはどこか、見当をつけられると思います。しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、しっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、多くの方が真っ先に連想するのはやはり北海道でしょう。多くの種類の蟹が獲れる北海道。他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、総合評価でなら、やはり北海道に軍配が上がるでしょう。日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースも多くあります。よく見て選びたいですね。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。そして、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。その後、甲羅から足を取り外します。腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。ここまでで形になりました。最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるという手順です。慣れれば早くさばけるようになりますよ。一口に蟹と言っても、様々な種類がありますよね。違うので、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことが必須かもしれません。色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店頭あるいは通販で入手する方法のほか、意外かもしれませんが、温泉へ行くという手段です。蟹が獲れる場所からほど近いところにある温泉地であれば、ただ注意すべきことは、温泉は季節を問わず入れますが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。

おすすめ蟹販売ショップ

かに本舗

販売 かに本舗

業界最大手。大量に仕入れているので安く購入できます。

扱っているカニは非常に身が大きく、冷凍便なので鮮度抜群です。


▼詳細はコチラ▼
かに激安

このページの先頭へ